男性介護士の年収・給料はいくら?施設によって収入も変化

介護士 介護士

介護職として働く人のうち約80%が女性と言われており、男性介護士の数はまだまだ少ないのが現状です。

つまり、世間一般に出回っている給料に関する情報は、必ずしも男性に当てはまるとは言えないのでは…?

ということで、今回は男性介護士の給料事情に特化して、月給、ボーナス、時給、施設別の給料体系など、あらゆる角度から解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

介護士・看護師

男性介護士の年収・給料はいくら?

年齢・男女別の介護士の給料、年収

正社員で働く場合、年齢と性別で比較すると給料、年収は以下の通りとなります。

男性平均給与額(月給)平均給与額(年収)
29歳以下295,580円3,546,960円
30~39歳342,110円4,105,320円
40~49歳357,260円4,287,120円
50~59歳333,160円3,997,920円
60歳以上289,800円3,477,600円
女性平均給与額(月給)平均給与額(年収)
29歳以下287,430円3,449,160円
30~39歳304,650円3,655,800円
40~49歳315,000円3,780,000円
50~59歳313,530円3,762,360円
60歳以上286,080円3,43,2960円
※平均給与額は、手当や一時金も含む
参考:厚生労働省

パート・アルバイト、派遣社員として働く場合の給料は、以下の通りとなります。

男性平均給与額(時給)実労働時間数平均給与額(月給)
29歳以下1,326円96.7時間128,240円
30~39歳1,455円104.7時間152,430円
40~49歳1,484円105.3時間156,300円
50~59歳1,387円101.8時間141,220円
60歳以上1,274円92.2時間117,490円
女性平均給与額(時給)実労働時間数平均給与額(月給)
29歳以下1,226円102.0時間125,130円
30~39歳1,310円93.2時間122,140円
40~49歳1,341円84.5時間113,340円
50~59歳1,395円81.7時間114,040円
60歳以上1,398円74.9時間104,780円
※平均給与額は、手当や一時金も含む
参考:厚生労働省

男女別、正社員で働く介護職の場合

ホームヘルパーや、施設の介護職員で比較すると、以下のような年収・給料になります。

全国で働く介護職の給料(男性)

    給与額賞与・特別給与額年収額(想定)
ホームヘルパー259,000円416,000円3,524,000円
福祉施設介護員260,000円588,000円3,708,000円
ケアマネージャー293,000円713,000円4,229,000円

全国で働く介護職の給料(女性)

    給与額賞与・特別給与額年収額(想定)
ホームヘルパー231,000円385,000円3,157,000円
福祉施設介護員235,000円498,000円3,318,000円
ケアマネージャー268,000円595,000円3,811,000円

介護士の初任給はいくら?

介護士の初任給は、夜勤も含む正社員でおおよそ24万円程度になります。

上記の金額に、初任者研修や、実務者研修、介護福祉士の資格を持っていることによる、資格手当や処遇改善の金額が上乗せされます。

介護福祉士の資格を取得すれば、+2万円程度は、給料が上がる見込みがあります。

もちろん、経験や職場によって金額の変動はありますので、あくまで目安として考えておきましょう。

施設別の介護福祉士の給料、年収

正社員(常勤)の場合

施設形態平均給与額(月給)平均給与額(年収)
特別養護老人ホーム361,890円4,342,680円
介護老人保健施設350,380円4,204,560円
介護付有料老人ホーム(特定施設)339,510円4,074,120円
訪問介護事業所314,440円3,773,280円
グループホーム303,800円3,645,600円
通所介護事業所294,980円3,53,9760円
通所リハビリテーション事業所315,020円3,780,240円
小規模多機能型居宅介護303,760円3,681,120円
介護療養型医療施設329,850円3,958,200円
介護医療院323,950円3,887,400円
※平均給与額は、手当や一時金も含む
参考:厚生労働省

手当など込みの想定年収額で、400万円以上を超えるのは、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護付有料老人ホーム(特定施設)の3施設となります。

給料を上げるという点だけに着目すると、働く職場も重要になっているのが分かります。

パート・アルバイト、派遣社員(非常勤)の場合

施設形態平均給与額(時給)実労働時間数平均給与額(月給)
特別養護老人ホーム1,360円108.4時間147,470円
介護老人保健施設1,399円109.5時間153,230円
介護付有料老人ホーム(特定施設)1,391円106.4時間148,070円
訪問介護事業所1,621円71.1時間115,290円
グループホーム1,403円102.7時間144,140円
通所介護事業所1,253円94.7時間118,700円
通所リハビリテーション事業所1,288円105.4時間135,860円
小規模多機能型居宅介護1,277円95.6時間122,120円
介護療養型医療施設1,316円116.1時間152,880円
介護医療院1,273円107.4時間136,730円
※平均給与額は、手当や一時金も含む
参考:厚生労働省

パート・アルバイト、派遣社員の場合は、職場選びももちろん重要ですが、正社員同様働き方も給料の変動が大きい部分でしょう。

ただ、訪問介護など、訪問形式で働く施設に関しては、時給が高くなっている傾向にあります。

ただし、移動時間が多いため、実労働時間数は、少なる傾向にありますので、トータルの月給で見ると、そのほかの施設とほぼ変わらないと言ってよいでしょう。

男性介護士が年収・給料を上げる方法

1つの施設で長く働く

介護業界の特徴として、1施設での勤務経験が長くなるにつれて、給料がアップしていく傾向があります。

また、リーダー格への昇格もされやすくなるため、マネジメントなどにも興味がある方は、そのキャリアップもおすすめです。

しかし、デメリットとして、すぐに給料はあがりづらいです。

+αの資格を取る

初任者研修、実務者研修、介護福祉士と資格を取得していきましょう。

また、介護福祉士になっても。+αの資格取得で給料が上がる可能性があります。

「喀痰吸引等研修」「認知症ケア専門士」など、介護現場における実務的な資格の取得や、「ケアマネージャー(介護支援専門員)」の資格を取得し、さらにキャリアアップするなど様々な道があります。

給料が高い職場に転職する

先ほどの施設別の表でもお伝えしましたが、施設によって給料は変わってきます。

1つの職場で長く働きながら給料アップを目指すのではなく、働く職場を変えてしまうというのも、手っ取り早く給料を上げる一つの方法です。

しかし、これまで長く働いてきた職場より、転職先の環境が自分に合わなかったら…、など不安は尽きませんよね。

このようなミスマッチを防ぐために、弊社スタッフ満足は、関西エリアに特化して介護のお仕事探しをしております。

グループ会社に大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートをもち、介護業界を専門に活動しておりますので、どんなお悩みでもサポートいたします。

無料登録からご相談できますので、まずはあなたのお話をお聞かせください。

男性介護士は年収・給料アップを積極的にめざそう!

男性介護士は、体力や力仕事など、介護現場では重宝され傾向があります。

より、年収や給料が高い職場や地位に、身を置けるように今後のキャリアを考えていきましょう。

介護士
この記事を書いた人
新井 宏典

当メディアサイト(スタッフ満足MAGAZINE)の運営・記事執筆を担当しております。求人掲載(無料)や、広告掲載などご相談ください!
キャリアコーディネーターとして大阪市北部のエリア担当もしておりますので、お仕事探しのご相談もよろしくお願いいたします!

新井 宏典をフォローする
新井 宏典をフォローする
スタッフ満足MAGAZINE
タイトルとURLをコピーしました