病院で働く介護士(看護助手)の仕事内容は大変?給料や待遇は介護施設と違うのか解説

介護士 看護助手 介護士

介護士の活躍できる職場の1つに「病院」があります。

病院内では、医師や看護師の指示のもと入院患者さんに対して介護業務を行っていきますので、「看護助手」という職種で、求人を見る機会がほとんどかと思います。

病院内の介護士の仕事は、無資格、未経験の方でも対応できるものが多いことから、介護業界が初めての人にとっても人気の職場です。

この記事では、病院内で働く介護士(看護助手)の仕事は大変なのか、ほかの介護施設とは違うのかなど、詳しく解説していきます。

介護士・看護師

病院の介護士(看護助手)の仕事内容

看護助手の仕事内容は、1日全部が介護業務というわけではなく、看護師さんのサポート業務など様々な仕事内容が存在しております。

未経験の方でも、介護経験を積みながら一つずつステップアップしていくことがしやすい環境でもありますので、その中の主な業務をピックアップしていきます。

介助業務(食事介助、排泄介助など)

介護施設と同じく、食事介助や排泄介助などの介助業務があります。

入院患者さんに合わせて、おむつ交換や移動する際の付き添いなどの介護業務をしていただきます。

ただし、患者さんの体に触れるような介護業務に関しては、初任者研修などの資格が必要になってきますので、スキルアップを目指すなら資格取得は必須です!

病室の清掃やシーツ交換

入院患者さんの身の回りの環境整備として、清掃やベッドシーツの交換などの仕事もこなしていきます。

ただ単に清掃というよりは、患者さんとの会話をしながら身の回りのサポートをしていくイメージになります。

作業だけをこなしていると、介護業務ではなくなってしまいますので、コミュニケーションをとりながら仕事をするのが、信頼を積み重ねていくポイントですね。

看護師の業務サポート

病院内では看護師の指示のもと、介護業務をこなしたり、業務のサポートや補助をする場面が多くなります。

場合によっては、簡単な事務作業の補助や、医療器具のチェックや消毒、清掃など、様々な付随的な業務も担当することになる可能性があるので覚えておきましょう!

病院と介護施設の働き方は、療養サポートか介護かの違いがある

介護施設にいるのは介護を必要とする入居者さんに対して、病院では入院患者さんです。

事故や病気など、様々な理由で一時的に介護業務や生活援助を必要としている人に対して接することになります。

そのため、病院の介護業務の大きな位置づけとしては、療養サポートになります。

元気になって、自立した生活に戻れるようになる様を間近で見られるので、とてもやりがいを感じられる職場だ、と言う病院勤務経験者は多いです。

病院の介護士(看護助手)の1日のスケジュール

病院や入院患者さんによりスケジュールはいろいろですが、下記が1日の仕事の基本スケジュールとなります。

08:00出勤、部屋誘導、口腔ケア
09:00清拭、排泄ケア
10:00シーツ交換などの清掃業務
11:00食事準備、誘導、水分補給の対応など
12:00昼食、食事介助
13:00休憩
14:00入浴介助、清掃やシーツ交換など
15:00書類対応、各部屋の見回りや水分補給の対応
16:00夕食準備、センサー類の機器の不具合チェック
17:00引継ぎ、申し送り、退勤

病院の介護士(看護助手)の給料・待遇

介護職員の平均給料、平均時給額

介護職員の平均給与額は、平成30年9月時点では月収300,970円となり、平成29年と比べると10,850円も給与額がアップしております。

非常勤の方で月収209,470円という結果でした。

時給額で給与をもらっている人の平均値は、常勤の方で時給約1,290円、非常勤の方で時給約1,332円という結果となっております。

参考:第28回介護事業経営調査委員会

看護助手の平均給料、平均時給額

参考になりそうな指標として、介護療養型医療施設の介護職(看護助手)の平均給与額があります。

看護助手の平均給与額は、平成30年9月時点では月収285,360円となっております。

時給額で給与をもらっている人の平均値は、常勤の方で時給約1,147円、非常勤の方で時給約1,281円という結果となっております。

病院の介護士(看護助手)の魅力とやりがい

介護施設と比べて身体的な負担が少ない

食事介助や排泄介助などはあるものの、要介護度が高い方への対応がほとんどない病院もあります。

また、看護師さんのサポート業務や患者さんの生活援助のサポートなども大切な仕事になるため、身体的な負荷がかかる業務が少なくなります。

どちらの業務も大変なことに代わりませんが、ケガの発生率は低くなるでしょう。

医療の知識や連携の中でスキルアップできる

医療現場で行う介護業務という経験を得られる職場は多くはありません。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設など、医療ケアを含めた介護業務を行う介護施設は多々ありますが、連携という点でいうと病院が一番でしょう。

介護施設での業務経験からプラスアルファの経験や知識を得たい方には良い職場ですね。

無資格・未経験からでも働きやすい人気の職場

入院患者さんの生活援助などのサポート業務から、介護に携わることができるので、無資格、未経験からでも始めやすいと評判なのが、看護助手のお仕事です。

病院の介護士(看護助手)の大変さ、デメリット

看護師との連携が業務の効率を左右する

病院では常に看護師や医師と連携しながら介護業務をしていきますが、これは通常の介護施設にはほとんどありません。

看護師さんからの指示のもと仕事をする場面が増えるため、入院患者さんとだけでなく、職員間でのコミュニケーションも重要になってきます。

1人で黙々と業務をこなしていきたいという方には、向いていない職場かもしれませんので注意が必要です。

介護士としてスキルアップするには一定の限界値がある

無資格、未経験からでも始めやすい、医療現場での介護経験や知識が身につくという利点がある反面、看護助手という名の通り、サポート的な役回りをする場面が多くなります。

ある程度の期間まで就業すると、自分の中で持っておくと、次のステップアップもスムーズに対応できますよ。

病院の介護士(看護助手)は無資格・未経験の方にもおすすめ!

看護助手だからと言って、補助的な役割ではなく、病院などの現場の中では大事な仕事の1つです。

看護師や有料老人ホームの介護職員などと同様に、責任感が必要な仕事になってきます。

介護業務にあたるうえでの心構えは持ちつつ、あなたにぴったりの職場を見つけてくださいね。

スタッフ満足のご紹介

大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社であるスタッフ満足は、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

あなたのお仕事探しから就業中のお悩み相談までコーディネーターがサポートいたします。

転職やお仕事探しでお悩みがあれば私たちにご相談ください!

タイトルとURLをコピーしました