「介護職辞めてよかった!」介護士を続けるべき人との違いとは

介護士

介護の仕事は、やりがいがあり責任感の必要な尊い仕事ですが、かなりしんどい仕事です。

慢性的なストレスも重なり、介護職を辞めたいと感じている方はとても多いです。

本当に心の底から介護職を辞めてよかったと思っていただけるように、介護職を辞めるべき人と、続けるべき人の違いは何かについて、解説しています。

自分自身の選択に自信が持てなくなっていれば、ぜひこの記事を読んで気持ちの整理をつけてみてください。

介護士・看護師

介護の仕事を辞める理由

人間関係

介護職を辞める理由の中でも人間関係に不満をもって辞めていく方の数は、とても多いです。

人間関係とひとくちに行っても、職場内のスタッフとの人間関係もあれば、入居者さんとの人間関係もあります。

中には、認知症の方の対応に疲れてしまった、暴言や暴力に耐えられない、職場のスタッフ間でいじめにあった、など、さまざまな理由から介護職を辞めて言った方々がいます。

生活リズムが崩れる

介護の現場は、昼夜問わず稼働しております。

当然ながら、介護職には昼も夜も働くことが必要になるため、睡眠時間、食事時間などのリズムが崩れることが多いです。

特に、介護職の正社員で働こうと考えれば、夜勤は必須になっている介護施設が多いので、避ける方が難しい現状があります。

給料・待遇面が悪い

自分の思うような給料や待遇を受けられないという不満は、やはり多いです。

資格取得をしていくことで、目に見える形で年収や給料が上がる反面、上がる金額の少なさに落胆してしまう人も多いです。

また、スキルや実績が見えづらいため、勤続年数で評価されがちな風潮もありますので、若手のモチベーション維持も難しいところです。

体力的につらい

介護職は人と接し、人の役に立つことができる職業ですが、その実態はかなりの体力仕事です。

シフト的にも連休はなかなか取れない職場も多いですので、休日は体力回復に専念し、プライベートで出かけることも減ってしまった…、なんてこともよく聞きます。

また、身体を無理して使った介助をしていると、腰や膝などに強い痛みが出てしまい、長期休養をしなければならないなんてこともしばしば。

技術面と体力面の2つの要素がとても大事な現場ですよね。

現実と理想のギャップ

介護業界へは、昔からおじいちゃん、おばあちゃんのことが大好きな人や、人からありがとうと言われたり、感謝されたりすることを仕事にしたいという方が多いです。

しかし、実際の介護現場に直面した際に、決められた介護サービスに沿って介助をしなければならない場面も多く、自分の気持ちと現実のサービス内容にギャップを覚えてしまう方がいます。

したいけど出来ないという、もどかしい気持ちの中で仕事をしなければいけないのは苦痛です。

ストレス

常に人と接する現場ですので、慢性的にストレスがかかり続けるのが介護現場でもあります。

人間関係もそうですが、不測の事態への対処など緊張感のある職場です。

また、自分のミスが重大な事故につながるかもしれないという、責任感とプレッシャーの中で仕事をしていかなければいけませんので、神経をすり減らしてしまう方もいます。

このような、さまざまなストレスがのしかかり、仕事に対する意欲がそがれてしまうケースは少なくありません。

職場を変えることで働き方が変わる

複数の介護施設への転職をした中で、同じような気持ちが芽生えてしまうということであれば、介護職を辞めて、別の業界に転職するものありです。

しかし、2つ、3つの介護施設でのみ仕事をしてきたのであれば、介護職を辞めたいと思っている気持ちを払拭できる可能性は十分にあります。

ご存じの通り、介護施設には、さまざまな施設形態があります。

また、正社員、契約社員、パート、派遣などさまざま働き方を選択できる、数少ない業界でもあります。

普通のサラリーマンでは難しい、多様な働き方ができるのは介護職のメリットなのです。

介護職の転職体験談

働く時間を固定することで、プライベートにも余裕ができた

正社員で働いていた時には、朝も昼も夜も、とにかく施設のシフト通りに仕事をしていましたが、生活リズムの乱れから、休みの日は1日家の中で過ごすことが多くなりました。

夫や子供と、休みの日に出かける約束をし、その日はとても楽しいのですが、次の勤務は体力的にしんどくて悩んでいました。

これでは、いつか勤務中にミスをすると思い、早出、日勤、遅出のみの正社員で働けるように施設に打診をしました。

幸い快く承諾してしていただき、給料面は少し劣るものの、充実した毎日を送れています。

施設を変えることで自分なりの介護をすることが叶った

昔は訪問介護をしていました。

実際に自宅まで出向き、利用者さんの介護をしており、1人1人のことを考え、介護ができる職場だと感じていました。

しかし、介護以外に関わることについては「してあげたい」と思っていても、規則から対応してはいけない場面も多々ありました。

また、介護についても、対応できる範囲が決まっており、なんだかもどかしい気持ちを抱えていたため、思っていた介護とは違うと考えていました。

別業種へ転職も考えましたが、施設介護であれば可能性が残されているかもしれないと思い、職場を変えたら、訪問介護の時よりも、1人1人と向き合って介護ができているような気がします。

自分の働いている職場が、40名程度の小規模の施設だからかもしれませんが、職場を変えてみて良かったと思っています。

給料面を重視し夜勤専従の働き方に変えた

製造業から介護の業界へ転職してきましたが、給料の低さにびっくりしました。

もちろん、事前にいろいろ調べていたのですが、ここまでか…と、感じたほどです。

賞与のことも考え、正社員で勤務をしていましたが、夜勤のみで働いた方が稼げるのでは?と思い、紹介会社を通じて転職することにしました。

夜勤専従の正社員は、募集の数もすくないので、派遣の夜勤専従も並行して考えました。

派遣さんの給料の高さには驚きましたが、タイミングよく夜勤専従の正社員の仕事が見つかったとのことで、転職をしました。

介護職辞めてよかった!と心から思うために

さまざまな理由から介護職を辞めるという選択肢を取る方がいます。

あの時、介護職を辞めなければよかったと思わないように、あなた自身にとっても最良の選択をしてくださいね。

スタッフ満足のご紹介

私たちスタッフ満足は、大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社として、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

あなたのお仕事探しから就業中のお悩み相談までコーディネーターがサポートいたします。

転職やお仕事探しでお悩みがあれば私たちにご相談ください!

タイトルとURLをコピーしました