【介護派遣の現状】コロナで派遣需要がなくなる?働き方、給料事情も解説!

介護士 介護士

コロナウイルスは例外なく介護業界にも大きな変革をもたらしました。

そんなコロナ禍でも介護派遣の需要は高いのが現状です。

いきなりの結論となりますが、まぎれもない事実です。

しかし、派遣として求められる役割や働き方などに、大きな変化があったのもまた事実です。

今回は、介護派遣の現状を踏まえ、転職に失敗しないためのポイントを押さえていきます!

介護士・看護師

コロナ禍の介護派遣の現状

他業種から介護業界で働く人が増えている

コロナ禍において、飲食業界やホテル業界などは大きな打撃を受けました。

倒産した会社も数知れずです。

そんな中で、次の就職先にと選ばれるのが慢性的な人材不足で、求職者側が売り手市場になる介護職です。

そのほとんどが、無資格・未経験の方にはなりますが、介護施設に直接応募して就職するケースが目立ち、人員配置の面では、人材不足が解消されつつある施設も増えております。

介護施設側の直接雇用が活発になると、影響を受けるのが派遣社員であるため、タイミング悪く派遣切りにあってしまうケースも多々見られました。

感染リスクの影響から介護職を離れるケースが目立つ

他業種から介護業界へ人が流れ込んできた一方で、コロナウイルスの感染リスクを鑑みて、介護職を離れるという方も多いです。

おもに、パート・アルバイトとして働いていた方々に多く見られた動きですね。

現在は、コロナウイルスが騒がれだしてから1年ほどが経ち(2021年3月現在)、感染対策の徹底が見られるため、そこまで活発ではありませんが、一緒に住む家族などの影響を考えて、やむなく離職するというケースは少なくなりません。

他職種から人が流れ込んできましたが、すでに働いていた介護職の方が離職するケースも重なり、人材不足の問題はそこまで解消されていないと言ってよいです。

クラスター発生など人手不足の影響がある

感染対策を徹底していても、介護施設でのクラスターが発生してしまうケースもございます。

感染を恐れて、一時的に退職が重なってしまい、局所的に人材不足に陥ってしまう介護施設が少なくありません。

このような場合は、派遣の本来の姿である「すぐに勤務できて即戦力になる介護スタッフ」の需要が高まりました。

きっかけはコロナですが、それを機にその介護施設でそのまま派遣スタッフとして働いている、正社員登用されているなど、継続的な雇用につながっているケースも見られます。

そのため、複数の派遣会社に登録しておくと、普段は派遣の求人が公開されない介護施設に、派遣スタッフとして就業する可能性も高くなり、転職の成功率も上がります。

私たちスタッフ満足も、大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社として、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

介護派遣は売り手市場なのか?

飲食業界やホテル業界などの他業種から、介護業界へ転職した人が増えましたが、現職の介護スタッフの離職も増えたことから、人材不足の解消には至っておらず、売り手市場に変わりはないと考えて良いでしょう。

特に、夜勤帯の業務に関しては、無資格・未経験の方にはすぐには任せられないという施設もありますので、夜勤専従の介護士さんは、需要が高い傾向にあります。

一方で、日勤の時間帯(9:00-18:00など)は、介護施設の正社員、パート・アルバイトの数が増えたことにより、人員の確保が容易になったため、派遣での需要は落ち込んでいるのがトレンドです。

介護派遣の働き方の実情

夜勤専従として働くことで給料アップ&移動時間の人との接触を避ける

夜勤専従の働き方にシフトする方が増えております。

給料アップのため、電車通勤の人混みを避けるため、または、自宅周辺の施設へ転職することで、他人との接触を極力避けるためなど、さまざまな理由から、夜勤専従への働き方にシフトする方が多い傾向がありました。

Wワーク不可の介護施設が増えた

コロナウイルスの感染拡大防止のために、他業種のWワークを禁止している介護施設が増えました。

場合によっては、ほかの介護施設や訪問介護事業所とのWワークを禁止している職場も増えております。

未経験者への指導時間が増えた

他業種から介護業界へ人材が流れたことにより、介護未経験者への指導時間が増えたという施設も一定数あります。

介護施設の正社員やパート・アルバイトの人員が足りない場合は、経験の豊富な派遣スタッフが、未経験者の指導役としてつくこともあるようです。

また、普段の介護業務と並行して指導時間が組み込まれるケースも少なくありませんので、一時的に仕事の忙しさが増したという声もあります。

感染リスクの最小化がスタンダードになった

介護職員の感染対策はもちろんのこと、面会や来訪などの制限が厳しくなっております。

体調管理に関しては、どの介護施設も厳しくチェックがされるようになりましたので、勤務中の感染対策だけではなく、普段の生活からも気を付けていかなければなりません。

介護派遣の給料の推移

介護派遣の給料や時給については、引き続き上昇傾向にあります。

また、コロナ慰労金などの一時金の支給や、コロナ手当などの特別な手当が含まれることもあります。

関西エリアの介護士の給料事情を下記にまとめておりますので、現在お住まいの地域や、就業を検討している地域の給料が気になる方は、参考にしてみてください。

介護派遣の現状を把握して上手に転職しよう!

私たち スタッフ満足 は、大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社として、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

あなたのお仕事探しから就業中のお悩み相談までコーディネーターがサポートいたします。

転職やお仕事探しでお悩みがあれば私たちにご相談ください!

介護士
この記事を書いた人
新井 宏典

当メディアサイト(スタッフ満足MAGAZINE)の運営・記事執筆を担当しております。求人掲載(無料)や、広告掲載などご相談ください!
キャリアコーディネーターとして大阪市北部のエリア担当もしておりますので、お仕事探しのご相談もよろしくお願いいたします!

新井 宏典をフォローする
新井 宏典をフォローする
スタッフ満足MAGAZINE
タイトルとURLをコピーしました