生活支援員は無資格・未経験でも大丈夫?仕事内容や給料、なり方を解説!

生活支援員 介護士

生活支援員の仕事は、無資格・未経験からでも就業可能なお仕事です。

ただし、介護系の資格を持っていることで対応できる仕事の幅が増えたり、キャリアアップにつながったり、条件面の優遇につながります。

また、初めての業界でのお仕事探しは苦労もたくさんあることでしょう。

そこで、この記事では、生活支援員の仕事内容を理解し、あなたの今後のキャリアに活かせる情報を詰め込みましたので、ぜひ参考にしてみてください。

介護士・看護師

生活支援員の役割・仕事内容とは

生活支援員とは、介護施設などで、高齢者の身の回りのお世話や、日常生活のサポート、身体機能の向上などを行います。

また、障害のある方の入浴や排泄など、介護や日常生活のサポートを行う役割があります。

家庭生活支援員や地域生活支援員とは違う

家庭生活支援員は、乳幼児や児童の生活指導を行うのが役割であり、仕事内容です。

また、地域生活支援員は、障がいを持った方のサポートをするという点は同じになり、必要な場合は見守りなど日常生活のサポートも実施いたします。

上記に加え、それぞれの地方自治体の福祉サービスに関する相談や助言、医療機関との連携などの役割も担うため、生活支援員とは仕事内容が大きく異なってきます。

生活支援員として活躍できる職場はどこ?

生活支援員として働ける職場は、大きく4つあります。

有料老人ホーム

高齢者施設での生活支援員の仕事は、介護業務を中心としたサポートが主な仕事になります。

基本的な衣類の着脱や入浴、食事などの介助から、付き添い、見守りなどの日常生活のサポートも行います。

グループホーム

グループホームでは、認知症や障がいのある方への対応を行います。

介護資格をお持ちであれば、身体介護を含めた生活サポートを行っていきます。

無資格の場合は、たとえ経験があったとしても身体介護はできませんので、生活サポートや調理などの、日常生活の中で発生する、利用者さんの不便を解消するための手助けを行います。

就労継続支援(A型・B型)事業所

企業などに就業することが困難な障がいのある方に対して、雇用契約に基づいて生産活動の機会提供や、技術・知識の向上を実施し、一般就労へ導くのが就労継続支援(A型)のサポート内容です。

就労継続支援(B型)については、雇用契約を結んで働くことも難しい方の、生産活動の機会提供や能力の向上をサポートします。

生活支援員の役割はというと、利用者の健康管理や生活面での相談業務などを行っております。

就労移行支援事業所

就労継続支援(A型・B型)事業所と役割自体は同じなのですが、異なる点は、職場の紹介後の定着サポートも行っているという点です。

生活支援員の仕事内容は、利用者の健康管理や生活面での相談業務などを行っております。

生活支援員の給料はどのくらい?

生活支援員の働ける職場として一番多いのはグループホームです。

グループホームで働く、無資格者の方の月給で256,420円(賞与・一時金込み)です。

初任者研修の資格を持っていると、月給は277,150円(賞与・一時金込み)となります。

上記の金額を基準に、お仕事探しをされることをおすすめします。

生活支援員になるには資格・経験が必要?

生活支援員になるために、専門的な資格取得は不要です。

しかし、高齢者の方や、障がいのある方への介護業務、相談業務にあたることが多いため、以下の資格を持っていると優遇されるケースが多いです。

また、給料アップにもつながります。

  • 社会福祉士
  • 精神保健衛生士
  • 社会福祉主事任用資格
  • 介護福祉士
  • 実務者研修(ホームヘルパー1級)
  • 初任者研修(ホームヘルパー1級)
  • 普通自動車運転免許

生活支援員の求人を探すなら派遣会社がオススメ

私たちスタッフ満足は、大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社として、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

あなたのお仕事探しから就業中のお悩み相談までコーディネーターがサポートいたします。

転職やお仕事探しでお悩みがあれば私たちにご相談ください!

タイトルとURLをコピーしました