介護職員初任者研修の資格は働きながら取れる!すぐ働きたい方への”最短”方法

介護士資格 介護士

介護士として働くうえで、最初の一歩となるのが資格取得です。

その中でも、介護職員初任者研修が、全資格の中で最も短時間で取れ、実用性のある資格といっても過言ではありません。

ずばり言うと、資格取得を目指しながらすぐに働くことができる方法は、派遣会社に登録することです。

費用面や条件交渉などの面を考えるとメリットが大きくなります。

私たちスタッフ満足は、大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社として、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

資格取得にかかる費用はキャッシュバックされる制度もご用意しておりますので、まずは無料登録からご相談ください!

※無料登録の際資格取得制度を利用したい旨、記載いただけますとスムーズです。

こちらの記事は、介護職員初任者研修の資格について、条件内容やメリットなど徹底解説しておりますので、資格取得を目指している方は参考にしてみてくださいね。

介護職員初任者研修とは

厚生労働省のページを確認すると、介護職員初任者研修の目的は下記のようになっております。

介護職員初任者研修は、介護に携わる者が、業務を遂行する上で最低限の知識・技術とそれを実践する際の考え方のプロセスを身につけ、基本的な介護業務を行うことができるようにすることを目的として行われるものである。

参考:厚生労働省

介護職員初任者研修の資格を持っていることで、利用者さんの体に触れる介護士として、必要最低限の知識を持っていますというアピールにつながります。

また、実務者研修や、介護福祉士へとステップアップするための、最初のステップとして初任者研修の資格取得があることも覚えておきましょう!

介護職員初任者研修の資格を取得するメリット5選

就職・転職に有利になる

介護職員初任者研修の資格を持っていれば、当然のことながら履歴書に記載することができます。

採用担当者からすれば、必要最低限の知識を持った方であると、安心感を持つことができますね。

給料アップにつながる

正社員、パート・アルバイト、派遣社員など、どのような働き方をするにしても、資格を持っているだけで給料が上がる職場がほとんどです。

目に見えてわかる変化なので、キャリアアップしている実感も湧きやすいです。

資格を持っていないと携われない介護業務ができるようになる

初任者研修以上の資格を持っていないと、入居者さんの体に触れる身体介護(排泄介助、入浴介助、食事介助、移乗など)に携わることができません。

また、必然的に身体介護を行うことになる、住宅型有料老人ホームや、サービス付き高齢者向け住宅などの訪問形式の職場では、できることが限られてしまうため、採用に至るケースも少ないです。

無資格であれば、職場や業務内容にも制限が出てきてしまいますが、初任者研修の資格を保持していれば、基本的な介護業務については制限なく携わることができます。

実務者研修を受ける際の研修時間が100時間以上短くなる

今後のキャリアステップとして、介護福祉士を目指していく人も多数いる中で、介護福祉士になるためには、実務者研修の資格を取得することになります。

実務者研修の資格を取得するには、23科目を450時間かけて勉強します。

実務者研修の資格は、無資格からでも受けられるのですが、相当な時間を要するのと、実務経験がある方を対象にした資格でもありますので、ハードルも高いです。

実務者研修よりも取得難度の低い、初任者研修の資格を先に取得しておくことで、取得の際に勉強した12科目130時間分を免除することができます。

さらには、実務者研修の受験費用も安くなりますので、初任者研修の資格は持っておくことに越したことはありません!

一生ものの資格になる

介護業界は常に人材不足が問題になっている業界でもあります。

介護の資格を取得した後に、ほかの業界へ転職することになりブランクができたとしても資格は残り続けます。

実際に、10年以上のブランクがあったとしても、介護業界で働き始める人も多く、今後も人材不足の問題も続くことも考えられますので、一生ものの資格として活用できます。

介護職員初任者研修の資格を取得する際の問題点はある?

資格取得のための費用が必要

資格を取得するためには、当然ながら受講費用がかかります。

費用としたら、5万円~10万円ぐらいの相場感になり、決して安くはない金額です

勉強時間の確保が必要

介護職員初任者研修の資格を取得するためには、12科目130時間の研修時間が必要になります。

働きながら、資格取得を目指そうとすると、うまく勉強する時間を捻出しないといけません。

スタッフ満足であれば、資格取得にかかる受講料はキャッシュバックできます。

また、「週5日の勤務は難しいから週4日の勤務にしたい」「日曜日は研修があるからシフトを入れないようにしたい」など、さまざまな勤務条件の交渉もOKです。

資格取得に集中できる環境づくりをお手伝いしますので、うま~く活用してくださいね。

介護職員初任者研修の内容は難しい?

介護職員初任者研修の内容は、一般的にはそこまで難しいとはされていません。

ただ、介護業界ならではの用語や、働き方、介助方法などさまざまな専門知識は必要になりますので、ひとつひとつ覚えていくことが重要になります。

講義内容、通信制のカリキュラム

講義の内容や研修内容は、事前にテーマや研修時間が決められており、下記の内容で進行していきます。

         研修科目研修時間
1.職務の理解 6時間
2.介護における尊厳の保持・自立支援 9時間
3.介護の基本 6時間
4.介護・福祉サービスの理解と医療との連携 9時間
5.介護におけるコミュニケーション技術 6時間
6.老化の理解 6時間
7.認知症の理解 6時間
8.障害の理解 3時間
9.こころとからだのしくみと生活支援技術 75時間
10.振り返り 4時間
合 計130時間

参考:厚生労働省

実技内容

座学の研修内容とは別に、介護現場で必要になってくる基本的な動作などを学ぶ時間もあります。

例えば、ベットから車いすへの移乗の方法や、寝た状態の人の体の動かし方など、多岐にわたります。

実際の職場で頻繁に使うことになる内容ばかりですので、介助方法についてはしっかりマスターする必要があります。

試験内容

試験問題については、研修をすることになる各スクールで独自に作成しているところがほとんどです。

試験会場も、これまで研修を行ってきた研修施設で行うことが多いですので、変に緊張せずに受けることができます。

問題数に関しては、おおよそ50問程度で、選択式の問題がほとんどですが、一部記述式の問題も混ざることが多いですね。

場合によっては実技試験を導入しているスクールもありますので、研修内容をすべて総復習する心構えで臨みましょう

もし仮に、試験に落ちてしまっても、追試、再試験を実施しています。

介護職員初任者研修の資格は、合格率の高い資格でもありますので、必要以上に身構えることなく、リラックスして試験を受けることをおすすめします。

介護職員初任者研修の試験の合格率は高い?

介護職員初任者研修の資格の合格率は、ほぼ100%といわれております。

試験を受けたら誰でもう受かるものではありませんが、資格取得に向けて勉強時間をちゃんと確保することができれば、努力が報われるでしょう。

介護職員初任者研修の資格は合格率が高いだけに、介護業界で長く働いているのに無資格の方は珍しい傾向にあります。

資格取得することのメリットの方が断然大きいですので、介護業界で働いてみたいと考えているのであれば、早めの行動が吉ですね。

働きながら資格取得を狙うなら派遣登録がおすすめ!

新しい世界で働きながら、勉強時間を確保して資格取得を目指すのは、体力的にも精神的にも楽なものではありません。

そのため、受講費用のキャッシュバック制度を活用でき、勤務条件の相談も柔軟にできる派遣会社で働くことはメリットが大きいと言えます。

あなたが介護士として自信を持って働くために、一番良い選択をしてくださいね!

スタッフ満足のご紹介

私たちスタッフ満足は、大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社として、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

あなたのお仕事探しから就業中のお悩み相談までコーディネーターがサポートいたします。

転職やお仕事探しでお悩みがあれば私たちにご相談ください!

タイトルとURLをコピーしました