ショートステイの仕事内容は大変?職場の働き方、給料や待遇を解説!

介護士 介護士

ショートステイで働く介護士さんの仕事内容や、給料、福利厚生はどうなの?という疑問にこたえるべく、ショートステイの実態について解説していきます。

ショートステイは、自分の希望する働き方に合っているの?と疑問に思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ショートステイとは

ショートステイは、普段は自身の自宅で介護を受けている方が、短期的な目的で、生活支援や身体介護、リハビリなどを受けられるサービスのことを言います。

ショートステイが利用される目的としては、普段介護をしている家族の方が、長期出張や入院など、何らかの理由で一時的に介護ができなくなってしまった場合の利用が、一番多いケースです。

そのため、1ヶ月の間に連続して30日間まで、介護認定期間の半数までという期間の縛りがあるのも特徴です。

ショートステイの仕事内容

ショートステイで働く介護士は、普段介護をしている家族に代わって介護を行うこととなります。

ショートステイを利用する方の介護度は様々ですので、生活援助、身体介護などすべてに対応していきます。

また、ショートステイには、短期入所生活介護(一般型ショートステイ)と、短期入所療養介護(医療型ショートステイ)の大きく2つがあります。

短期入所生活介護(一般型ショートステイ)

短期入所生活介護は、約80%が有料老人ホームなどの介護施設に併設される形で運営されております。

ショートステイの利用期間の長期化が影響していることが考えられます。

そのため、介護施設の中に併設されたショートステイで働き、身体介護や生活援助を行うというのが、ショートステイで働く介護士の一般的な働き方になります。

仕事内容としては、厚生労働省の基本方針にもある通り、「入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練」と、なります。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)

短期入所療養介護の基本方針としては、「自立した日常生活を営むことができるよう、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行う」というものです。

一般型ショートステイよりも、リハビリや医療ケアに特化した仕事内容が基本となります。

また、短期入所療養介護(医療型ショートステイ)は、設置できる場所が以下の施設に限られております。

  • 介護老人保健施設
  • 病院、診療所(療養病床があることが前提)

介護施設に併設されている、短期入所生活介護(一般型ショートステイ)とは、設置場所も異なるため、働き方や1日の動き方も多少の違いが出てきます。

ショートステイで働く介護職の1日の流れ

ショートステイによりスケジュールはいろいろですが、下記が1日の仕事の基本スケジュールとなります。

06:00起床、着替え介助、トイレ介助
08:00朝食準備、朝食、食事介助
09:00口腔ケアなど
10:00入浴介助
12:00昼食準備、昼食、食事介助
13:00口腔ケアなど
14:00レクリエーション、機能訓練
15:00おやつ
16:00自由時間
17:00夕食準備
18:00夕食、食事介助
19:00~口腔ケア、就寝準備など

ショートステイで働く介護士の給料・福利厚生

介護職員の平均給料、平均時給額

介護職員の平均給与額は、平成30年9月時点では月給300,970円となり、平成29年と比べると10,850円も給与額がアップしております。

非常勤の方で月給209,470円という結果でした。

時給額で給与をもらっている人の平均値は、常勤の方で時給約1,290円、非常勤の方で時給約1,332円という結果となっております。

参考:第28回介護事業経営調査委員会

ショートステイの介護職の平均給料、平均時給額

ショートステイは、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設など施設に併設しているケースが多く、併設している施設によって給料や待遇が変わる傾向にあります。

ショートステイのお仕事を希望する場合は、ショートステイが施設併設型なのか、単独型なのか調べるが吉です。

平均給与の高い傾向にある、特別養護老人ホームなどに併設しているショートステイを希望するというのも、給料や待遇をあげる一つの方法ですね!

転職やお仕事探しでお悩みがあれば「スタッフ満足」にご相談ください!

ショートステイで働くメリット・デメリット

ショートステイで働く魅力・やりがい

ショートステイを利用される方は、利用期間が決められているため、入れ替わりも早くなります。

そのため、短期間で利用者さんのことを理解し、介護サービスに反映させていくスキルと経験を積むことができます。

また、利用者さんにとって、受ける介護サービスも異なってきますので、1人1人に合った介護を短期間で対応していくことが重要です。

より多くの方とコミュニケーションをとりたい方や、ルーティーンワークではなく臨機応変に対応していくような働き方を求めている方には良い環境でしょう。

ショートステイで働く大変さ・しんどさ

短期間での入れ替わりがあるため、1人の方に対して長く深く関係性を築いていくコミュニケーションをとることや、働き方をしたい人にとっては、もどかしい気持ちになるでしょう。

ショートステイが介護施設に併設されていることが多い理由として、将来的に老人ホームに入居してもらうための体験を提供していることも少なくありません。

そういった、施設の運営側の目線で働くことができれば、少しは気持ちが晴れるかもしれませんね。

あなたにぴったりのショートステイの職場を見つける

ショートステイには、短期入所生活介護(一般型ショートステイ)と、短期入所療養介護(医療型ショートステイ)の大きく2つがあります。

また、介護施設の併設型なのか、そうでないのかによっても、多少の仕事内容や働き方が変わってきますので、事前の情報収集は大変ですが、ぜひあなたにぴったりのショートステイの職場を見つけてください。

スタッフ満足のご紹介

大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社であるスタッフ満足は、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

あなたのお仕事探しから就業中のお悩み相談までコーディネーターがサポートいたします。

転職やお仕事探しでお悩みがあれば私たちにご相談ください!

タイトルとURLをコピーしました