ケアマネージャー(介護支援専門員)の仕事内容と介護施設における役割とは

ケアマネージャー 介護士

ケアマネージャーは、要介護者やその家族に頼りにされる存在で、さまざまな介護施設で重要な役割を果たしています。

ここでは、介護支援専門員(ケアマネージャー)が実際にどんな仕事をしているかを解説します。

介護士・看護師

ケアマネージャーの主な5つの業務

ケアマネージャーは2004年4月に介護保険制度が施行されたことに伴って設置された専門職です。

正式名称は「介護支援専門員」といい、現場ではケアマネージャーやケアマネと呼ばれています。

居宅介護支援事業所、老人ホーム、地域包括支援センターなどに所属して仕事をします。

要介護認定のための調査を行う

要介護認定をするにあたり、介護サービスを希望する人と、その家族で面談を行います。

当人や家族の話をよく聞いて、現状を把握し、どのような介護が必要なのかを見極めます。

その後、ケアマネージャーの調査やヒアリングに基づき、実際の要介護度の認定が行われます。

この要介護度によって受けられるサービスが異なるので、的確な判断が求められる業務です。

また、介護保険サービス以外の支援が必要だと判断された場合は、状況に応じた援助を行います。

例えば、自力で食事を用意できない場合は、配食サービスの紹介や、経済的に厳しい人の場合は、生活保護申請を補助することもあります。

このように、助けを必要としている人がどのようなサービスを受けることが最善なのか見極めるため、法律や地域事情に精通していることが求められます。

ケアプラン(居宅サービス計画書)の作成する

ひとりひとりの状況に合わせて、介護の内容を決めるケアプランの作成業務があります。

このケアプランなくして、高齢者は介護サービスを受けられません。

要介護者が抱える課題はさまざまです。

自立した生活ができるように、ライフスタイルや身体能力に応じたケアプランを立てる能力が必要です。

介護給付費の管理をする

介護保険サービスを利用することで発生する「介護給付費」の管理も、ケアマネージャーの仕事です。

事業所が介護給付を受けるために、国民健康保険団体連合会に必要書類を提出して、請求する必要があります。

万が一提出期限が遅れると、給付費の支払いが翌月となり、事業所に迷惑がかかります。

期日までにきちんと計算して書類を整えることが求められます。

要介護者のサポート・周りとの連携・連絡調整を行う

要介護者が適切なサービスを受け続けるために、区市町村や介護サービス事業者、高齢者やその家族が、良いコミュニケーションをとって連携することが必要です。

コミュニケーションがスムーズにいくよう、間に入って調整するのも、ケアマネージャーの仕事です。

介護保険サービスにはさまざまな種類があり、状況や希望に応じて、訪問介護か通所介護(デイサービス)を選ぶ必要があります。

それぞれの事業所ごとにカラーがあり、要介護者の個性と合うかどうかも確認したいところです。

高齢者自身が、自分に合う事業所を探すのは困難ですから、事情を汲み取って代わりに探してくれるケアマネージャーは、貴重な存在であると言えるでしょう。

ケアマネージャーは時折、事業者や自治体に対するクレームを受けることがあります。

やはり要介護者の立場から直接クレームを言うのは難しい雰囲気があるので、間に入るケアマネージャーが要望を汲み取ることになります。

逆に事業者側の意見を要介護者に分かりやすく伝えることも、大切な仕事です。

定期的な介護サービスのモニタリングと再評価

ケアプランが作成され、介護サービスがスタートしたあとも、内容が適切であるかどうか見守っていく必要があります。

要介護者が課題をクリアして健康になっていくことが目標です。

順調に目標達成に向けて前進できている場合は、ケアプランの修正が必要になります。

定期的に介護サービスをモニタリングし、再評価することも、ケアマネージャーの果たすべき大事な役割です。

主任ケアマネージャーの仕事内容

2006年に介護保険制度が改正された時に、「主任ケアマネージャー」という資格が誕生しました。

これはケアマネージャーとしての資格を持っている人たちが、通算5年の経験を積み、所定の研修を受けることで取得できます。

都道府県ごとに認定されるので若干の地域差がありますが、ケアマネージャーの中でもベテランが就く立場だと言えるでしょう。

主任ケアマネージャーは、新人指導や教育など他のケアマネージャーのまとめ役です。

また、地域ぐるみの課題を洗い出して、介護サービスの質の向上を目指し、事業所全体の管理などを幅広く行います。

地域包括支援センターには、主任ケアマネージャーかそれに準ずる人を配置しておく義務があるため、センター運営にも欠かせない存在と言えるでしょう。

ケアマネージャーはこれからの日本に欠かせない存在

要介護認定からケアプランの作成、モニタリングや調整役など、介護に関わるさまざまな仕事をこなすケアマネージャーは、これからの日本社会にとって欠かせない存在です。

介護サービスを向上させ、要介護者とその家族に感謝される、やりがいのある仕事ですから、多くの人に目指してほしいものです。

スタッフ満足の紹介

私たち スタッフ満足 は、大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社として、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

あなたのお仕事探しから就業中のお悩み相談までコーディネーターがサポートいたします。

転職やお仕事探しでお悩みがあれば私たちにご相談ください!

介護士
この記事を書いた人
新井 宏典

当メディアサイト(スタッフ満足MAGAZINE)の運営・記事執筆を担当しております。求人掲載(無料)や、広告掲載などご相談ください!
キャリアコーディネーターとして大阪市北部のエリア担当もしておりますので、お仕事探しのご相談もよろしくお願いいたします!

新井 宏典をフォローする
新井 宏典をフォローする
スタッフ満足MAGAZINE
タイトルとURLをコピーしました